スマホコーティング ネット販売製品比較

ガラス系コーティングとガラスコーティング、フッ素コーティングの違い

01ガラス系コーティング

被膜が柔らかく、油脂成分が多い事から、ワックスをかけたような光沢が出たり、水のはじき方をするものの、それを長時間持続させる事は難しく、定期的なメンテナンスや再施工が必要となります。また、摩擦に弱く摩擦が多い箇所ではすぐ剝がれてしまう場合が多いです。
車のコーティングなので使われることが多いですが、毎日触るスマホにはなかなか向かないものになります。親切な業者はガラス系コーティングと明記してますが、最近はガラスコーテイングと混同されることが多く安価に作ることが可能なため、価格表示が安いことが多いです。

02ガラスコーティング

紫外線に強く、摩擦に強いため、塗装被膜を強固に守ります。 無機質のガラス、シリカのみで構成されており、値段が高価です。ガラス系コーティングに比べ、酸性雨にも強く、コーティング被膜も厚いので、汚れが塗装面に浸透しづらく、お手入れも楽になります。コーティングの濃度が高いため施工が難しく、ムラになりやすいです。特に黒色の金属部分に施工する場合、熟練した作業員と知識と設備が必要になります。量販店や個人では施工することが困難と言えます。

03フッ素コーティング

おなじみiPhoneの初期装備ともされており、有機溶剤になります。安価で簡単に施工でき、ワックスをかけたような光沢がでます。フッ素の作用により撥水性がたかいため、指紋なども付きづらくなります。しかし、摩擦に弱い、また紫外線に弱いのがデメリットになり、使用頻度のおおいスマホやタブレットだと摩擦で簡単に取れていきます。取れてきた感覚が、ガラス系コーティングやガラスコーテイングと違い指紋の付きやすさで判断できるので、再施工のタイミングはわかりやすいです。

ネット販売製品 "ガラスコーティング"値段比較トップ5選

1位

wobao

値段1,500円
amazonで詳細を見る

2位

Dalinch

値段1,599円
amazonで詳細を見る

3位

Carzoot

値段2,000円
amazonで詳細を見る

4位

BATTERING

値段2,000円
amazonで詳細を見る

5位

リキッドハック

値段2,424円
amazonで詳細を見る

ネット販売製品 "ガラス系コーティング"値段比較トップ3選

1位

ハクバ

値段948円
amazonで詳細を見る

2位

Liquid Specialitiez

値段1,500円
amazonで詳細を見る

3位

クリスタルアーマー

値段1,773円
amazonで詳細を見る

ネット販売製品 口コミトップ5選

Amazonより

1位

mystical-g

評価★★★★☆ 4.2
レビュー数  36件(Amazon)
価格5,500円
amazonで詳細を見る

2位

Carzoot

評価★★★★☆ 4.1
レビュー数1160件(Amazon)
価格2,000円
amazonで詳細を見る

3位

リキッドハック

評価★★★★☆ 4.1
レビュー数  37件(Amazon)
価格3,940円
amazonで詳細を見る

4位

ONE DESIGNS

評価★★★★☆ 4.0
レビュー数    9件(Amazon)
価格2,680円
amazonで詳細を見る

5位

スマホまもる君

評価★★★★☆ 3.9
レビュー数 820件(Amazon)
価格2,000円
amazonで詳細を見る
ページ上部へ戻る